【保護猫と暮らす日記】茶トラ猫との出会いは意外な日だった! 飼ってみないと分からないドタバタ生活が始まる予感!

この記事は2分で読めます

●「第1幕」:茶トラ猫を飼うきっかけは?

筆者は、ムムム!落ちてしまった!
保護猫と云えども茶トラ猫は、正直に、かわいい!

 

猫がやけに注目され久しいが
未だにテレビドラマやCM、映画で扱われ、
あちらこちらで引っ張りだこのようだ。
猫ブームに陰りなし!ってところか!

 

それはさておき、猫と生活する楽しさは、
ホントの所、かわいい!だけでは済まないぞ!

 

例えば
ムラムラモードの
発情期に突入したときの状況はものすごい勢いだ!

人が変わった。いや、猫が変わった様子は
飼ってみないと分からない世界なのだ。

 

これから猫を飼おうと考えている方には
必読かも知れない。

 

では初日は、軽めに
保護した茶トラ猫との出会いからお伝えする。

Sponsored Links

 

吐く息も白くなりはじめた
2016年11月12日の朝
出会いは、本当になんの前触れもなく突然やって来た。

 

仕事に出かける準備でストレッチ体操をしていた。
嫁様も忙しそうに洗濯を干そうと動いている。

 

ササッと…カーテンを開け、
日差しがパーッと部屋を照らす。

 

サッシの鍵を開け、窓を「ガラガラ~」と開けたその瞬間だった!

 

嫁様:「エッ!」「ワァ~猫~~~!」と驚く声がした。
驚く声の方向に急いで行き

 

筆者:「何、何!どうした?」、と駆け寄った。
嫁様:「今、猫がいたのよ!」
筆者:「猫がぁぁ!」

 

二人して急いで外に出てみた。
あたりをキョロキョロ見てまわっていると、
ちょっと離れた木の陰から
こちらを、ちょこ~んと見ている茶トラ猫一匹。発見!

 

目と目が合うとピョ~ン、ピョ~ンとこちらに近寄って来て
甘えた声で、「にゃ~にゃ~」
筆者の足元にスリスリ、コロコロしてきた。

 

嫁様:「ずいぶんと人に慣れた猫ね、飼い猫かなぁ?」
筆者:「捨てられたのかな?」

 

そんなこんなで、慌ただし朝、嫁様と茶トラ猫を残し
バタバタと仕事に出かけた。

 

……帰宅時……

自宅が近づき遠目に映る嫁様と茶トラ猫
遊んでいる姿、発見!

 

思わず嬉しくなり顔がほころぶのが分かる。
筆者は、正直に言うと
内心猫が居ることを期待していた。

 

嫁様:「お帰りなさい!」
   「この猫どこにも行かないのよ!」
筆者:「猫も必死なのかもね。」

 

相変わらず足元をスリスリ、コロコロして
機嫌をとっている様に見える。
「かっ、かわゆい!」と思いつつ
嫁様も猫がいて、まんざらでもないみたいだ。
たぶん。たぶん。

 

 

しかし、この人懐っこさの性格は、相当なものだ!
見ず知らずの筆者たちに全然警戒心が無くおとなしい。
どこから来たのだろう?と自然と想像してしまう。
きっと大事に飼われていたのではなかろうか?
家の中で育ったのだろうか?
宛もない想像が続く……で、

 

偶然にも今日は、嫁様の○○回目の誕生日なのだ!
この茶トラ猫との出会いに運命を感じた日
なんとなくいい感じがして温かい気持ちになれた。

 

それから
スリスリ、コロコロは我が家で日常と化すのである。

 

次回に、つづく……

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。