ウロボロス第1話の感想が見逃せない!気になるメガネや時計も調査!

この記事は3分で読めます

「ドラマ、ウロボロス」の視聴する楽しみ方が驚くほど上がるかもね!

ドラマ好きな人は、何度でも見返したくなる今年、一押しドラマです。

 

様々な所にフォーカスして記事を書いて行きますので、
広く、チョット深く物知りになっていく事でしょう!

 

今まで気にかけないところに目が行くようになったり、へぇ~このライターこんな使われ方カッコよすぎる!

このセリフ流行るかも!など、発見や興味が膨らむ記事を目指します!

Sponsored Links

初回ウロボロスで気になったライターやメガネの小道具と意味は?

 

いよいよ始まりました注目のドラマ!
聞きなれない言葉の「ウロボロス」その意味とは?

 

いつ頃の言葉かと言いますと、
現在からさかのぼる事2400年程前、古代ギリシャ語を語源としています。
「尾を飲み込む」意味だそうです。

capture-20150122-154019

そこから発展して、
「破壊と創造、不老不死、死と再生」などが一般的な意味として使われています。

更に詳し情報は、こちらからどうぞ。

少し噛みそうになる「ウロボロス」、スムーズに言えますか?
筆者だけでしょうか?(笑)

 

 

そして、次に気になるライターやメガネの小道具たち、

 

ドラマ開始早々7分ごろ小栗旬が使うライター気になりませんでしたか?
黄金に輝き、また、ライターを使う時の音響が決まっていますね。

こちらが実際のライターです。デュポン ライン2

ライターの開閉音はさまざまです。

こちらが、各種類を検証した音です。どうぞこちらから!

更に、カッコイイのが、ハンドローリングで吸う手巻きたばこ
今時見かけませんよね。
でも愛煙家なら一度はトライしてみたいかもですね。

 

銘柄はこちらの「ブルーノート」です。

capture-20150123-135818
また、缶入りもありますよ。
ブルーノート [50g] パイプたばこ <ドイツ産>

capture-20150123-140558

 

さて人の印象を左右するメガネについてですが、

 

株式会社シード(SEED CO., LTD.)で作っています。
コンタクトレンズのCMで有名なあのSEEDです。

 

オリジナルブランドの
plusmix(プラスミックス) PX-13540 カラー:061がこちらです。

capture-20150123-142314
頭がきれて知的な感じが一層アップするメガネでしょうか?
出来る男のイメージに合っていますね!

小栗旬の周りには気にして観て行きましょう。

 

最後に金時計の情報です。

ドラマに目を凝らして観ていると、時計の文字盤に王冠の印がチラリ!
こちらが、その時計です。
ロレックス ヨットマスター 16628

 

ウロボロス第1話の感想を独断と偏見で名セリフと共に書いてみた。

 

映画やドラマの見所の一つに、
ファーストシーンとラストシーンは特別な気がします。
今回は第1回目の放映となりますので、期待が膨らみます!

ファーストシーンは、いきなり「ウロボロス」のネックレスを見せ
その意味から入ってきました。

capture-20150123-185138

さすがセンスがありますね。

それも子供時代の過去の記憶で海辺です!

 

掴みの前のエサとしては最高な気がします。

 

この物語の意味深な設定に引き込まれそうになり、ファーストシーンは、
良い感じでスタートしてくれました。

 

慕っていた先生を殺された思いを背負って物語は、進んで行きます。

ここまでを見たら、シリアスドラマと感じましたが、
それだけでは、興味が湧きません。

 

このドラマの凄い所は、しっかりしたユーモアセンスがあり、
抜群なセリフが飛び交う面白さです。

 

放映が始まってものの7,8分頃の段野竜哉(小栗旬)、
手下の深町武(ムロツヨシ)と他2名のやり取り。

私は、ハマりました!面白い!面白い!面白い!

 

この時の小栗旬のセリフがまた最高!

「息を吐くのと同じペースでウソをつくてのが、今週の俺のポリシーだ!」

 

これを聞いて単純な私は、簡単にドラマに掴まれました。

「ユーモアとペーソス、少しシリアス」待ち望んだドラマです。

 

ドラマでも映画でも人生でも、笑のないストーリーは、観ていて疲れます。
そしてピリッとした調味料のシリアスさ(真面目さ)があれば、
美味しいドラマが待っています。

 

ひとまず終わりますが、追記を順次して行きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ウロボロスの音楽であの歌声の女性は誰?プロフィール/・wikiは?

 

第1話を見て、気になった事で調べたいと思ったのは、音楽です。
それも、女性の歌声、人の気持ちの中を通る様な気になる声

声の主は、「ENA」さんと言う方でした。

 

簡単なwiki・プロフィールです。

女性です。間違いなし!(笑)
歌手であり、作詞をされています。
東京都在住。
年齢 ??
家族4人と言ってます。父、母、本人、弟さんですね。
愛犬のイタリアングレーハウンド(イタグレ)を二匹飼育しています。

 

一部の音楽活動ですが、
アニメ、クイーンブレイド・玉座を継ぐ者で「堕ちない空」を歌っています。
こちらから画像と歌をどうぞ。

 

また、プリーズミー・ダーリンの作詞を書きました。
バニラビーンズ 2013年10月16日発売しています。
こちらから画像と歌をどうぞ。

 

調べていくとなかなか、プロとして活躍されていました。
知らなかった筆者ははずかしいです。(反省!)

 

これからも感動する歌を聞かせて下さいね。応援しています!!!

最後にENAさんはこの様な素敵な方でした。

capture-20150126-161701

 

 

ウロボロス第1話で気になったロケ地はここ!

 

段野竜哉と龍崎イクオが、赤レンガのアーチ型モニュメントでのシーン気になりませんでしたか?
どこにあるのか探してみました。

 

場所は新宿駅から徒歩で行ける距離です。
新宿南口を出たら甲州街道を都庁方面に進みます。

進行方向左側の歩道を進んでください。600メートル位で到着です。

 

玉川 上 水 モニュメント

こちらがその画像です。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。