田村幸士の彼女とプロフィールは?田村正和さんの暴露話も知りたい!

この記事は3分で読めます

田村幸士さんの家系のすごさは、芸能界トップクラスの知名度です。
日本映画界、テレビ業界に無くてはならない実績を作られた方々の中で
育ち、さぞ葛藤やプレッシャーもあったはずでしょう。
遅咲きの芸能活動も意味があるはずです。
田村幸士さんの日頃の一面の姿や田村家にまつわる話など調べてみました。

 

見出し目次

◆田村幸士の彼女とプロフィールは?
◆田村正和さんの暴露話も知りたい!

Sponsored Links

田村幸士の彼女とプロフィールは?

 

まずは、プロフィールから

 

名前:田村 幸士(たむらこうじ)

生年月日:1977年6月28日

身長:176㎝

体重:72㎏

出身地:東京都

出身校:学習院幼稚園~学習院大学卒業

趣味・特技:スキー、フットサル、バスケットボール、ピアノ、一人旅
31歳で芸能界デビューは、遅すぎたかもしれませんが、
それだけ遠回りしなければたどり着けない事情や環境があった事でしょう!

 

2009年4月29日放送のテレビ東京「いい旅・夢気分」の中で、
父、田村亮に胸の内を明かしていました。

capture-20150215-163427

祖父は、銀幕の大スター阪東妻三郎。
叔父は、田村高廣、国民的二枚目俳優の田村正和。

 

本人曰く、「人に紹介される時、“田村亮の…”
“正和の…”と前置詞が付き、田村家にコンプレックスを感じて」

 

子供心に人知れずプレッシャーの様なものを感じていたのかもしれません。
故に、俳優になる事は考えなかったと当時の気持ちを伝えていました。
祖父、叔父、父が身近で偉大であるが故に、翻弄される運命もあります。

今、芸能界に入り父の前で決意の胸を表し、
必ずやこの遠回りした経験が、実を結ぶ時が訪れる事でしょう!
田村幸士さんは、大学在学中芸能界への打診もありましたが、
卒業後にインターネット関連企業に就職するも倒産。

 

後に、スキーを通じて親友となった
元オリンピック代表の皆川 賢太郎(みながわ けんたろう)さんの誘いを受けて
(ちなみに、皆川 賢太郎さんは、モーグル選手の上村愛子さんの夫です。)
スポーツマネジメント会社へ入る事になりました。

 

担当の仕事としては、元サッカー日本代表の宮本恒靖さんや
元フィギュアスケート選手、村主章枝さんのマネジメント業務をしていき、

 

次第に、日本のマイナースポーツへの関心の低さを改めて感じ
「マスコミ側からスポーツを盛り上げたい」と
番組制作会社へ転職していきました。

 

運命の糸があるのなら、大きな転機が訪れようとしている事に気付きもしない
このころです。

 

NHKに出向し、ADとして働き、伯父の田村高廣と出会い
自らのコンプレックスなどで長年封印していたモノが、
本来持っている役者の魂が、ようやく動き始めるのです。

 

2007年に俳優に転身し、 3年間の俳優養成所へ修行となり、
晴れて、2009年「いい旅・夢気分」でデビューの運びとなりました。

 

現在まで、映画、テレビ、CM、舞台と幅広く活躍中です。
更なる活躍に期待します。

目標とする役者は、やはり阪東 妻三郎(ばんどう つまさぶろう)でした!

capture-20150215-152113
ところで、彼女の存在ですが、
過去に、「もてもてナインティナイン」で話題になったと
一部NET情報がありますが、
現在、正確に情報を掴む事はできませんでした。

 

2015年現在すでに38歳の田村幸士さん、
もしかしたら意中の人がいても、おかしくありませんね。

口直しにプロ並みのスキーの滑りをどうぞ。

 

2015年2月17日放送「踊るさんま御殿」で

西田ひかるさんのファンであった事を話していました。

capture-20150217-204244

ベットの上の天井にポスターを貼るぐらいの熱いファンだったのですね!

青春のひとコマでした。

公式サイトはこちらからどうぞ。

現在もきれいです!!!

capture-20150217-204646

 

田村正和さんの暴露話も知りたい!

 

田村正和さん昨年2014年、TBSの日曜劇場『お-やじの背中』に
松たか子さんと16年ぶりに共演しましたね。

 

とても愛情あふれる父親役、最高でした。
一話限りのドラマだったので、もっと続きを拝見したかったのを覚えています。
こちらから一部ですが、見て下さいね。

capture-20150215-152702

さて、田村正和さんと言えば、独特な雰囲気をもたれていて、
私生活がベールに包まれている数少ない二枚目俳優です。

 

そんな正和さんをよく知る人物に田村幸士さんがいます。
過去に『もてもてナインティナイン』のバラエティー番組の中で
私生活の一部を喋ってしまったみたいです。

 

子供のころよくキャッチボールをしたことや、
「自宅から撮影現場へドラマの衣装で出かけていく」とか

 

「ATMを使ったことがない」

 

「髪は専属の美容師が家で切る」

 

「家にお客さんが来てもボソボソしゃべる」

 

「常に“田村正和”で“役者”としている」など

 

近くの人にしか分からない情報を聞かせてくれました。

田村正和さんファンとしては、貴重な情報ですね。
今後の発言にも注目したくなります。

 

後、黒柳徹子さんの「徹子の部屋」の中での記事になりますが、
こちらからどうぞ。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。