スミカスミレ3話感想とかっこいいセリフ、面白いセリフ見つけた!

この記事は4分で読めます

第3話では、真白君役の町田啓太さんのセリフで
決めそうですよ。

 

すみれ役の桐谷美玲さんの純粋な演技力や
可愛いセリフも見逃せませんし、

 

そして、黎役の及川光博さんの独特な世界など
癖になりそうです!

 

見出し目次
◆第3話のファーストシーン、感想

◆かっこいいセリフ、黎役・及川光博 編

◆面白いセリフ、すみれ役・桐谷美玲 編

◆第3話の決め台詞はこれに決まり

Sponsored Links

第3話のファーストシーン、感想

前回の回想シーンを終え本編スタートしました。
第3話もハプニングからのスタートです。
早速、時間制限のネタが動き出しました。

 

バレンタインデーの夜、
真白君が、すみれの家を訪れて
風呂に入り、夕食を食べ、
コタツでくつろぎ楽しい会話。
手作りチョコも食べた。

 

2人の距離は縮まった!

 

時間が過ぎる。
風呂にも入った。
何か進展を感じるが…

 

無情にも
深夜11時から1時の2時間は、シンデレラの様に
姿が元に戻ってしまう事に「すみれ」が気付く。

 

慌ててその場を立ち去ろうとする「すみれ」
コタツの電気コードに足をとられ、倒れる!
「危ない!」

 

とっさに、真白君、すみれを助けようと…
そして、2人は抱き合うのでした!

 

小さな体の「すみれ」を抱えている真白君。
「大丈夫?」

 

すぐこの後、元の姿に戻ります
大きくなった年と体が真白君を襲う!
一瞬、違和感を感じた表情?!

 

「すみれ」人生最大のピンチです!
そこに、黎が機転を利かし停電を装う。
この様なスタートでした。


澄に戻った後ろ姿が
何とも大きかったのが印象に残っています。
(笑)

 

 

かっこいいセリフ、黎役・及川光博 編

真白君を返した後のすみれと黎の会話で

 

黎:
「後は、お気持ちを知るだけでしょう。」
お茶を一口すすって、ニヤリ。

「その為には、踏み込まねばなりませんね!」
席を立つ。

 

 

真白君からデートの誘いを受けたすみれは
自宅に帰りソワソワ、ウロウロ状態。

 

黎:
「貴方が、コレクションしてきた映画の中で
恋愛を取り使っているものです。」
「これも貴方が憧れていた世界なのではないのですか?」
「その願いを叶えるために大学に行き
他者と関わる人生をやり直す事にしたのでしょう」

 

前に進めない「すみれ」へ後押しするセリフでした。
陰になり日向になり見守る黎です。

及川光博さんの「バラ色の人生」動画はこちらです。

 

 

面白いセリフ、すみれ役・桐谷美玲 編

真白君との遊園地デートを前に
友人、由ノ郷 千明(秋元才加)との

洋服選びのシーン

試着室から着替えて出てくる「すみれ」に
ダメ出しする千明から。
千明:
「ぜんぜんダメ!何それ!なめてんの!」

 

すみれ:
「でも、冬場は、こうゆうあったかい
徳利(とっくり)セーターを着たほうが…」

 

千明:チョット引きながら笑って
「とっくりって…、何言ってんの?」

「ハイ!こっちに着替えて!今すぐ!」

 

すみれ、渋々試着室へ
そして、恥ずかしそうに出てくる。

 

千明:
「いいじゃん、それ!似合ってる似合ってる!」

 

すみれ:モジモジしながら
「こんなに足出すなんて無理ですぅ!
膝小僧丸出しじゃないですか!」

 

 

千明:
「何言ってるの?!せっかくのデートなんだから
しっかり気合入れて行かなきゃ」

 

すみれ:
「でも、女は、腰を冷やしたらダメだって
母から言われていましたし、
冬は、ズボンでないと!」

 

千明:
「はいはい、訳わかんない事いってないで…」
千明にとっては新しい言葉の連続攻撃。(笑)

 

後輩の西原美緒がコーディネイトのため
登場。

 

美緒:両手にミニスカート持っている。
「じゃ順番に、こっちが膝上10センチ
こっちが膝上15センチです。」

 

すみれ:ミニスカートに目が点。
パッパッ、パンツ!
パンツ見えてしまうじゃないですか!

 

かなり動揺したすみれ様、
現在のトレンドに少しづつ乗り始めましたね!

 

 

第3話の決め台詞はこれに決まり

町田啓太さんと竹内涼真さんのコメント動画

 

真白君とすみれ、大観覧車でのシーン

 

真白:すみれへの思いを語り出す。

「俺、如月さんの事、最初に会った日から
すげーかっこいいなと思っていたんだ」

 

 

「正直、初対面の時は、
ちょっと変わった子だなぁと思ってた。
でも、あの日の最初の講義の時、

 

(真剣に講義を聞くすみれの姿回想)

 

他の連中がダラダラしてんのに
一人だけ背筋伸ばして聞いてて、

 

(由ノ郷 千明を訪ねに行く回想)

 

その後もうまく言えないけど

俺らと違って真の通った考えかたとか
そうゆうのがあるんだなって、

 

如月さんは、いつも全力でがんばっているから…
(見つめて少し間がある)

 

 

すみれ:
「ありがとうございます。」
嬉しそうに、ペコリと頭を下げる。
真白:うつむいて
「でも、だから心配て言うか!?」

 

目を上げて「すみれ」を見る。
「俺は、如月さんの事
まだ、ぜんぜん分かってないと思うんだけど

 

できれば、俺といる時ぐらいは、
安心して欲しいなって…

 

(間がある。お互い見つめ合う)

如月さんの事、もっとたくさん知りたいから…

大事にするんで、俺と付き合ってください!!」

すみれ、目を見開く!
すみれ、感激で目が潤む!
すみれ、声が震える!

 

「あたしで、いいんですか?!」

 

真白:さわやかに
「はい!」

 

 

すみれ:嬉し泣き
「よろしくお願いいたします。」
おじぎする。

 

真白君立ち上がり、
すみれの横に座る。
すみれの手を握り、寄り添う!!!

 

本日は、最後まで読んでいただき、

有難うございました!!!

 

追伸。

「スミカスミレ」番組マスコットキャラクターの

レオンくんはげんきですよ。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。