陸王ドラマ化でロケ地行田市が魅力的!ランチやゼリーフライを堪能!

この記事は5分で読めます

池井戸潤原作「陸王」
ドラマ化に向けて準備を進めていますね。

 

 

ファンがまた増えそうな
かなり熱いドラマに期待がふくらみます。

 

 

原作も最高!
キャストやスタッフも最高!
そして、ロケ地がいい!

 

 

となれば、ロケ地行田市のいいところ
探るしかないでしょう!

 

 

行田市と言っても
どこにあるの?
何があるの?
なぜ行田市?
こんな風に思われる方もいると思います。

行田市行政も「ドラマ陸王」に
かなり協力的なんです。
市のホームページでも紹介している程ですよ。

 

 

行田市も陸王と一緒に走って
さらなる地域活性化になること
間違いなしです!

 

 

そこで今回、落ち着ける穴場スポット
探してみました。

 

 

出るは、出るは
結構あるもんですね!

Sponsored Links

行田市駅周辺で落ち着いた雰囲気のカフェ見つけた

行田市のおすすめを探していると
普通なら観光スポットを
一番に紹介するんですが、

 

 

お昼時に記事を書いていて
お腹がペコペコになり、
「花より団子」的になってしまいました(笑)

 

 

なので、行田市でランチのおすすめスポット
探ってみたいと思います。

 

 

秩父鉄道行田市駅周辺で
「カフェ閑居(かんきょ)」と言う
お店があります。

 

 

行田市初代市長の邸宅だったこともあり
落ち着いたたたずまい
ゆっくりコーヒーを楽しめそうですよ。

 

 

 

 

「カフェ閑居」さんは、自家製パンも焼いており
更に、「一日パン教室」も行っているんですね。

 

 

もしかすると
パン作りの趣味が増えるかもしれませんよ。

 

 

駅から歩いて5分程にある場所はこちらです。
「カフェ閑居」さんホームページより

 

 

 

みんな絶賛!イタリアンレストラン見つけた!

行田市駅から歩いて2分程に
「HANIWA(ハニワ)」と言うお店があります。

 

一度は食べる価値がある
おすすめイタリアンです。
場所はこちらです。

 

 

HANIWAさんホームページはこちら

 

 

食事だけではなく
ケーキやお菓子などもあり
休憩には最高ですよ!
お店の姿はこの様な雰囲気です。

 

 

 

 

絶賛の口コミを見ているだけで
すぐにでも食べたくなってきました!!

 

 

 

 

行田の街を歩いていて
なんとなく入ったお店が
素晴しく良かった時
宝物を見つけたのと同じで
嬉しく、ワクワクしてしまいます。

 

 

あなただけの
味わい処を見つけてくださいね!

 

 

 

ゼリーフライやフライって何?行田のB級グルメの正体は?!

地元に愛されている食べ物と言えば
「ゼリーフライとフライ」です。

 

 

聞いただけでは、ふむ?
ぜりーを揚げた食べ物なのかな?
「ゼリーフライ」って
また、「フライ」って何?
フライドポテトのこと?

 

 

素直に名前から連想したら
そうなりますよね。

 

 

実はこんな食べ物だったんです。
「ゼリーフライ」の姿はこちらです。

 

 

 

 

 

ちなみに、名前の由来は、
小判の形がキッカケ!
初めの名前は、「銭富来(ぜにふらい)」

 

そして、予想なのですが、
「ぜにふらい」➡
「ぜにぃふらい」➡
「ぜりぃふらい」➡
「ゼリーフライ」
で一件落着でしょうか。(笑)

 

 

味は、
学生が、部活動の帰り道
チョット立ち寄り
歩きながら食べる姿がする
味ですね。(笑)

 

 

もう一つ
「フライ」の姿はこちらです。

 

 

 

正に
ネギ焼き、チヂミ、お好み焼きでしょうか?
さすが、昔から良い小麦の産地であった賜物です。

 

 

値段も手ごろで、
この様な飾らない食べ物
私は、大好きです。
駄菓子屋の味がしました。(笑)

 

 

 

まとめ、感想

行田市は、熊谷市の陰で
一見解りずらいかもしれませんが

 

 

いたる所に、穴場があります。
歴史的な場所もあり
食べ物も豊富で
一日で遊ぶにはキツイと思います。

 

 

「陸王」を行田市ぐるみで協力できる
環境がある事自体
人情味あふれる場所に違いありますん。

 

 

きっとこの街は
良い出会いがある街ですね!

 

 

良い街の象徴の一つが
親しめるソウルフードがあることですね。

 

 

「フライ」、フライ」、「ゼリーフライ」!!

 

 

最後まで当ブログにお付き合いいただき
ありがとうございました。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。