陸王ロケ地の水城公園や忍城を散策!行田市は見処の宝庫だった!

この記事は4分で読めます

陸王ドラマのロケ地周辺(行田市)
を見渡すと
歴史好きにはたまらない
名所旧跡の穴場が、
あちらこちらあるのに驚かされました。

 

「水城公園」
「忍城(おしじょう)」
「古代蓮(行田蓮)の里」
「田んぼアート」
「さきたま 古墳公園」
魅力を伝えればと思い記事にしました。

 

かの石田三成が訪れ陣営を置いたとされる
「丸墓山古墳(まるはかやまこふん)」があり
水攻めで用いた
「石田堤(いしだつつみ)」
現在残っています。

 

美しい自然が歴史的文化財と重なって
いい表情を出すんですね!!

 

更に、ドラマ陸王の人気キャストが
訪れた水城公園や忍城では
活気づいている事でしょうね!

 

行田市ってこんな所だったんだ!
「行ってみようかな」と
足が向くかもしれません。

 

今回は、見処を探っていきます。
どうぞ楽しんで行って下さい!!

Sponsored Links

行田市水城公園はホテイアオイと桜がきれい!

ホテイアオイの見頃は、9月上旬ごろから。
この様な景色で陸王ドラマの中でも
見れるのかな?

 

 

 

 

水城公園は【桜ボンボリまつり】が
開催されるなど桜もきれいで
市民の憩いの場にもなっています。
結構行田市は桜の穴場がありますよ!

 

 

 

 

 

後で紹介する「さきたま 古墳公園」
の桜も本当に見事です。
こんな公園が近くにあったら
ウォーキングが楽しくて最高です!!
感動モノ動画を見つけたので見て下さいね!

 

 

 

「忍城(おしじょう)」に竹内涼真さんと山﨑賢人さんが登場!

忍城に行ったら石段で記念撮影が
当たり前になっている・・・
既に人が多いぞ。

 

今、人気俳優の
竹内涼真さんと山﨑賢人さんが
こんな感じで忍城で写っていたら
行きたくなるのも当然ですね。
TBSさんさすがです。

 

 

 

 

 

観光地巡りも陸王ドラマと
つながって訪れれば
楽しみも倍増しますよ。

 

竹内涼真さんがここに座っのか!と
想像が膨らむとゆうものですね!

 

ところで、忍城なんですが、
別名「浮き城」とも呼ばれ
石田三成の攻めにも
落ちなかったんです。

 

そんな事ですから
管理人として、この忍城は
縁起の良い城に認定します!

 

受験生の皆さん
就活生の皆さん
行くべきかもです!(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに、
耐え忍んだ城だから「忍城」なのかな?!
一人納得!
では、忍城はこの辺で失礼します。
・・・イベントもいろいろあるよ。

 

 

 

「古代蓮(行田蓮)の里」と「田んぼアート」

数千年の時を経て眠りから覚める蓮の花!
何と!ロマンを感じることか!

 

古代蓮は
1400年から3000年前のものと推定せれ
現在、夏の風物詩になっています。
こちらがその姿です。

 

 

 

 

 

ちなみに、
実を言うと、私管理人は、
花の中で蓮の花が一番好きです!!
何とも言えない優しい色合いに
気持ちが落ち着くのですね!!

 

また、古代蓮の里に行ったら
古代蓮会館の展望タワーがおすすめです。
地上50mの高さから見渡す
田んぼアートが見事ですよ!!

 

連絡先【古代蓮の里】
電話:048(559)0770

 

田んぼアートの姿はこちらです。

 

 

 

 

 

ドローンからの空撮最高ですね!!
ドラゴンクエストの音楽が耳から離れない!

 

では、古代蓮の里を後にします。

 

 

 

さきたま古墳公園と桜の絶景が見事!

さきたま古墳公園は
9基の古墳を中心とした
約32万㎡を超える古墳公園です。

 

広いです。広いです!!

 

ちなみに、東京ドーム約7個分です。
計算式は省きますからね。(笑)
こちらが、全景の写真です。

 

 

 

 

 

さきたま古墳公園内にある
一つの古墳が気になりました。

 

かの石田三成が陣を構えたとされる
丸墓山古墳(まるはかやまこふん)です。

 

この丸墓山の
どの辺りで忍城を眺め
何を思っていたのか?
想像の世界に入り込んで行くのも
楽しいですよ。

 

また、感動的な動画を見つけましたので
どうぞお楽しみください。

 

 

 

 

訪れたい場所になりました。
春、桜の季節に

 

 

 

まとめ・感想

キッカケは、ドラマの陸王でしたが
行田市の素晴らしい所を発見できて
大変良かったです。

 

見処は、まだまだあります。
実際に街を歩いて
自分の癒し処を探してみるのも
楽しいですよ!

 

体を使い、頭を使い
後は、楽しむだけですね!!

 

本日は、最後まで
当ブログにお付きあいいただき
本当に、ありがとうございました!!!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。