池の水全部抜く第4弾放送日決定!気になる視聴率予想と日比谷公園!

この記事は3分で読めます

いよいよ日比谷公園内のどの池が
水を抜くのでしょうか!?

 

 

【池の水全部抜く】第4弾は気になる番組の一つで
放送日が待ち遠しい!
前回残念ながら見逃した経験者としては
今回は録画の準備で保険をかけますよ。(笑)

 

 

日曜日のゴールデンタイムは
視聴率争いの激戦区
競合他社がひしめく時間帯!

 

 

さて、テレ東さんの企画番組
どこまで健闘するのでしょうか!楽しみです。

 

 

また、今回は日比谷公園内の池と言う事で
アッと驚く物が出そうな気がします。
過去に多くの人が集まり
色々な意味で騒いだ場所ですからね。

 

 

では、視聴率予想と
魔物が住んでいるかもしれない
日比谷公園に触れていきましょうか!

Sponsored Links

【池の水全部抜く】第4弾放送日と視聴率を予想!

まず初めに
「テレ東」さん、ありがとうございます!

 

 

9月3日(日)

夜7:54~9:54の放送を決めてくれまして
大変喜んでいます!

 

 

この時間帯は民放で「日テレ」さんが
視聴率の首位に君臨していますが

 

 

テレ東さんの隠し玉
【池の水全部抜く】第4弾が
日テレさんを脅かすのではないかと
予想しています。

 

 

これまでの【池の水全部抜く】番組平均視聴率は
第1弾(今年1月15日放送)が8・3%、
第2弾(4月23日放送)が8・1%。
第3弾(6月25日放送)は9・7%でした。
(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

 

この視聴率でも解るのですが
世間の関心が動いているように見えます。

 

 

また、場所的に日比谷公園で
全国的に名前が通っていることもあり
第4弾が10パーセント台を狙う条件が
揃っていますね。

 

 

 

更にもし、番組を盛り上げるネタとして
何か急なハプニングや
アッと驚く物が現れたとしたら
視聴者の目は釘づけとなるでしょう!!!

 

 

まだ、撮影収録日は解りませんが
大勢の野次馬が埋め尽くすならば
視聴率も期待できるのではないでしょうか!?

 

 

視聴率予想は、12%!

 

 

ちなみに、世界の果てまでイッテQ!17/8/06(日)は
 17.6%でした。

 

 

強い番組がそこにあるからこそ、
考えて、努力して、切磋琢磨して
良い番組が生まれて来るのかもしれないですね。

 

 

日比谷公園って一体どんな歴史があるの?

江戸城のおひざ元であったこの地は
各地大名の上屋敷が点在していました。

 

 

明治に入り
大日本帝国陸軍近衛師団練兵場として使われ
その後、公園として利用しました。

 

公園になった理由は地盤が弱いためだったとか。
元は海辺の入り江ですから当然ですね。

 

 

公園としてのデビューは、
明治35年(1902年)4月着工、
翌年6月1日に仮開園がはじまりです。

 

 

事件としては、
明治38年(1905年)9月5日
日比谷焼打事件など、暴動に発展

 

 

大正3年(1914年)
東京市電賃上げ反対運動や普通選挙運動、
シーメンス事件により
民衆による社会運動の拠点に使われます。

 

 

1923年 (大正12年)関東大震災には
被災者遺体の仮埋葬にも使用しました。

 

 

太平洋戦争が始まるや
松本楼は海軍省将校宿舎 
花壇ではジャガイモを栽培していました。

 

 

そして、戦後は、
GHQの接収を受け、
松本楼は米軍宿舎となります。

 

 

1971年 (昭和46)沖縄返還運動により
松本楼が火炎瓶により全焼となりました。

 

 

日比谷公園内の池は心字池と雲形池があります。
明治から大正、昭和、平成と歴史を眺めてきました。
人が集うところ必ず何かあるはずです。

 

 

池の水全部抜いて歴史の産物が
甦るでしょうか!興味津々ですね!

 

 

こちらが、心字池

 

 

こちらが、雲形池

 

 

まとめ、感想

 

ただ、視聴率の数字を見るのなら
何の感情も沸きません。

 

 

ところが視聴率の裏側を覗くと
悔しさやもどかしさや感動が見えてきました。

 

 

番組を支えるスタッフ、共演者
良い番組を今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

テレビ番組作りと同じように
訪問して頂いたあなた様に
楽しんで頂けるように
日々考えて進んで参ります。

 

 

本日は、当ブログに訪問頂きまして
ありがとうございました!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。